ヤクザに良い人はいない。

ヤクザに良い人はいない。

実際のヤクザから聞いた言葉だ。
(注. 私的にヤクザとは一切の関わりは持っていません。
またヤクザとは一般的表現で特定の団体などではありません。)


ヤクザも人間。最初から悪かった訳ではない。
当初は私もそう思っていた。
不通の人間はそう思うんじゃないだろうか?


話しを聞けばそれなりに、理解し合え手助けをする事により更生し、
良い人間に変わるかと思っていた。

今更、知人とも呼びたくないおぞましいヤクザが、友人にべったりだった。

こちらから拘り無くても、向こうから近づいて来る。たった1度だけ飲んで話しをしたが、
経歴は東京湾に沈められそうになっていたのを間一髪で逃げ大阪で潜んでいたなど、
聞くのも吐き気がするような人生だ。

そのヤクザが、良い事をしたい気持ちはある。
例えば荒川のような大きな橋をおばあさんが、歩って渡ろうとしていたら、
「おぶってあげましょう」と老婆を背負い渡って行く。

おばあさんは拝みながら感謝をする。
川の中程まで来ると思わず背負っていたおばあさんを、川へたたき落したくなる。


自分で「ヤクザに良い人はいない」と言った。


異常者だ。サイコパスだ。信じられない言葉を聞き、反吐が出た。即刻の全ての関わりをブロックした。

しかし友人はいまだにヤクザと付き合っていた。人間は悪い方に感染するのだ。

1.嘘をつき借金を周り中にし始める。
2.詐欺まがいの商売を回りに紹介し始め、友達中に負債を抱えさせる。
3.人から預かった絵を勝手に売りさばく。

私の知らない所で数多くの人にも言えぬ犯罪に加担しているかもしれない。

その友人とも、とうの昔に2度と関わら無いようブロックしているが、
風の便りに見る影も無く左半身麻痺のリハビリ生活の様だ。

報いは必ず来る。「ベットの上でこれまでの人生を考えてみろ。時間はたっぷりある。」